洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメント 
洗い流さないトリートメントとは
 
洗い流さないトリートメント種類
【タイプ】【効果】【使用おすすめの髪質】
オイル

しっとりとした油分がメインの剤型です。髪1本1本を保護膜で包み込むので、髪にしっかりと潤いを与えます。また、少量でよく伸びるため、トップではなく毛先を中心に馴染ませましょう。髪に束感やツヤ感を出したい日はスタイリング剤として使うのも良いです。

ダメージレベルの高い方や、乾燥した髪や太い髪質
ミルク

油分と水分をバランスよく配合したアイテムで、化粧品でいうと乳液のイメージ。軽いテクスチャーが特徴で、髪にうるおいを与えながらも、重たくなりすぎず自然な仕上がりを叶えます。髪にスッと馴染んでくれるため普段使いにも最適で、ドライヤー前に使うことでしっとりとまとまりの良い質感を保てます。

縮毛矯正、デジタルパーマ、毎日のアイロンで
固くなってしまった毛髪
細い髪や柔らかい髪質向け
クリーム油分と水分を含んでいますが、より油分が多くて濃密なテクスチャーのトリートメントです。ミルクよりはしっとりとまとまる重めの仕上がりになります。

乾燥しやすい髪質やハリコシが欲しい方向け

ジェル髪をコーティングしてくれるので引っかかりや枝毛防止に効果的です。
また、シャンプー後に髪が絡まりやすい場合にも適しています。
 
ミスト水分がメインなため、霧状に噴霧して使用します。髪に簡単に潤いを与え、スタイリングしやすい状態へと整えます。特に細い髪や軽い仕上がりを好む方

このように、その時々の髪の状態や好みの仕上がりに適したトリートメントが選べます。
そしてそれぞれのトリートメントには、使用に適したタイミングがあるといわれてます。

まず、今の髪の状態から改善したい点やなりたい髪の状態から選びましょう。
そして、朝出かける前なのか、夜シャンプー後か寝る前か、というように使うタイミングを考え合わせても最適なものを選びましょう。

 トリートメントの目的

 

91